お知らせ
お知らせ

お知らせ

2024.06.01MTPプラスチック染色通信 第一回 染色とは・・・

第一回 「染色とは・・・」


「染色」と改めて聞くと、聞きなれない言葉かもしれません。

しかし実は、私たちの身近な物で利用されています。


多くの布製品や繊維製品の多くが染料を用いて着色されています。

この布製品や繊維製品に対して着色する方法を「染色」と言います。

染色の原理は、布製品や繊維製品に染料を吸着させる方法が一つ。

他に、繊維質と染料を化学的に結合させる方法などがあります。


古くは、植物の花・果実・葉・樹皮・根などの色素から抽出される天然の植物染料しかありませんでした。

当時の染めは、麻や綿などを染める藍色の藍染が一般的でした。


現在では、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維が発明されました。

それに合わせ、それぞれの繊維に対応した染料も同時に開発されました。

現在では、赤や黄色、青色など様々な色に染めることが可能となりました。



繊維染色の方法は以下で紹介させていただきます。

主な染色技法は、浸染(シンゼン)と捺染(ナセン)に大きく分類されます。


「浸染」とは、文字どおり染色液に生地や繊維製品を浸漬して染める方法です。

特徴としては、繊維製品全体を均一に希望の色に染めたい場合に使われます。

(下記写真1参照)


「捺染」は、染料を糊に溶かし布などに柄を印捺する染色技法になります。

型紙やスクリーン型を使って柄を出す方法や、

インクジェットの原理で生地に柄をプリントする方法など、

主に柄や文字などを染める場合に使われる技法になります。

(下記写真2参照)


簡単ではありますが、今回は「染色」について説明をさせて頂きました。

次回は、「MTPプラスチック染色とは・・・」をお伝えしたいと思います。

製品が均一に染まったイメージ
1.製品が均一に染まったイメージ
柄の入った繊維製品のイメージ
2.柄の入った繊維製品のイメージ

お問い合わせ

プラスチック染色へのご相談・ご質問を
お気軽にお問い合わせください。
カタログが必要な方には、ご連絡いただきましたら送付させて頂きます。
法人様向け貸出サンプルもあります。

電話受付時間 9:00〜17:00
(土日祝休み)
 075-200-6971

展示会